歩くのに疲れたら、カフェに寄ろう。
カフェに入ったら、最初にコーヒーをたのもう。

あとは
音楽に耳を傾けて、
置いてある本をめくって、
そのあとは・・・

そのあとは、思いをめぐらそう。

きのうあったこと、
きょうおきたこと、
あした出会うかもしれないこと。

だいじなひとのこと。

何気なく思いついたことをこのブログに載せたいと思います。







instagram
glyph-logo_May2016.png
Twitter
twitter1_001.jpg

2007年03月27日

Ubuntu Linux(ウブンツリナックス) 無料OS導入 256MBのメモリは必要でした。

常日頃使うパソコン、やっぱりメインマシンとしてWindows(ウインドウズ)は必要なのですが、
そればっかりでもなぁ、とWindows(ウインドウズ)以外の可能性も考えてみたくなりました。

OSもいろいろあるのですが、オープンソースで開発されていて無料でも手に入るLinux (リナックス)OSがどういったものか試してみたくて中古のB5ノートFMV LIFEBOOK FMV645MF7C/W(セレロン450MHz)をオークションにて約1万円で購入。

Linuxにもいろいろ種類があるのですが、入れるLinuxとして目をつけていたのはUbuntu (ウブンツ、ウブントゥ)というディストリビューション(配布形態のこと、OSだけでなく必要なソフトがあらかじめ同梱されています)でした。
このUbuntu、無料でサイトからISOファイルをダウンロードしてCDに焼いて使うのですが(このISOファイルを焼くには対応したソフトが必要です、ぼくは普段から使っていたDVDDecrypterというソフトを使いました)
いわゆる1CDLinuxというもの。BIOSでパソコンの起動設定ををドライブブートにすることでCDからOSを起動することが出来ます。
つまりウインドウズなどのOSを入れたままLinuxを体験したり、HDD故障などでOSが立ち上がらなくなったパソコンを使用することも出来るのです
ところが先に購入したFMV LIFEBOOK FMV645MF7C/Wはメモリが128MBだったのでうまくインストールが出来ませんでした。

しかたなくもっと軽いLinuxディストリビューションのVineLinux(ヴァインリナックス)を入れてみたのですがどうも操作がややこしい、そこでメモリを256MBに増設(相性の厳しい機種だったのでメモリ選びは慎重になりました)
無事にUbuntu Linuxの導入となりました。

インストールはCDから立ち上げたデスクトップ画面のインストールというアイコンをクリックするだけ、あとは言語やキーボード、タイムゾーンの質問に答えるだけで自動的にインストールされます。

IMG_6680.jpg
Canon IXY40

ubuntuインストール中

最初からブラウザ、メーラーはもちろん完全互換ではないもののマイクロソフトオフィスと互換性のあるOpenOffice(オープンオフィス)というオフィスソフトや画像処理ソフトのGIMPなどさまざまなソフトが入っています。

Screenshot-1.jpg

オープンオフィスの起動画面

操作性もVineLinuxより簡単で基本的なことはウインドウズに慣れている方なら直感で操作できます。
修正プログラムのアップデートもワンクリックで行なえます。

Screenshot.jpg

アップデート画面

インストール後HUB経由でLAN接続しているとインターネットにつながらないというトラブルがありましたがルーターと直接つないで設定しなおしたら直りました。


デスクトップはXfce(エックスエフシーイー)という動作の軽いものに変えてあります。

IMG_6687.jpg
Canon IXY40

Xfceでのログイン画面

後日談、
中古ノートを購入後gatewayE−1400(セレロン500MHz)という中古のデスクトップ機を譲り受けました(こちらは256MBメモリがついてました)

ディスプレイは持っていなかったので将来のことも考えてBenQ(ベンキュー)の19インチモニターFP91V+をメーカーアウトレットで購入、ドット抜けがひとつあったものの17インチモニターと同程度の価格で購入できました(それでも10回払いですが。。。)
こちらにもUbuntu Linuxをインストール。
Sambaというソフトを入れてとりあえずウインドウズネットワークのファイルは見られるようにしたのですが活用するためにまだまだこれから勉強です。

IMG_6686.jpg
Canon IXY40

B5ノートのLIFE BOOKgateway用の19インチモニターでのubuntuの起動画面

Ubuntu Linux日本語版の公式サイト(こちらからダウンロードできます)
Ubuntu Japanese Team


Ubuntu Linux導入参考サイト
非公式 Ubuntu 6.06 (Dapper Drake) 初心者用ガイド

VineLinuxのサイト








banner_04.gif
応援していただけるとうれしいです。
クリックをお願いします。
posted by rojiuracafe at 23:11| Comment(0) | TrackBack(1) | デジモノ・ソフト | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

Linuxシステム管理完全マスター
Excerpt: ポイント5倍なので、ここぞ!とまとめ買い♪RHELのシステム管理理解には必須ですね。システム管理者のチカラが付きます。・・[OS][Linux] Linuxにおけるスレッド・ Linuxは遠いOSでは..
Weblog: OSのレス
Tracked: 2007-08-15 10:49