歩くのに疲れたら、カフェに寄ろう。
カフェに入ったら、最初にコーヒーをたのもう。

あとは
音楽に耳を傾けて、
置いてある本をめくって、
そのあとは・・・

そのあとは、思いをめぐらそう。

きのうあったこと、
きょうおきたこと、
あした出会うかもしれないこと。

だいじなひとのこと。

何気なく思いついたことをこのブログに載せたいと思います。







instagram
glyph-logo_May2016.png
Twitter
twitter1_001.jpg

2007年03月17日

ACOGUITER ミニアルバム「何かを話すように」 鈴木清剛さんの「ロックンロールミシン」を思い浮かべました。

イラストレーターでもありミュージシャンでもある
マツヤマアキオさん率いるACOGUITERのミニアルバム
何かを話すように」を買いに渋谷宇宙百貨に行きました。

ちょうど宇宙百貨奥のスペースGALLARY ARTWAD'Sではマツヤマアキオさんも参加した
Tシャツ展が開催されています。
(会期は4月8日まで)

IMG_6600.jpg
Canon IXY40

IMG_6639.jpg
Canon IXY40
アルバムジャケットとTシャツ展のDM


ACOGUITERの音楽は良い意味でプロらしさを感じさせません。
マツヤマさんの本業がイラストレーターということもあり
こだわりのふかいセンシティブな個性を持った音楽です。

声も美声ではないし、音作りもシンプルだし、ずば抜けたテクニックもありません。

でもぼくには共感できる音楽です。

青春を感じさせる音楽なのです。

今日聴いていて思い浮かべたのは鈴木清剛さんの
ロックンロールミシンでした。

音楽を説明するのは難しいことなのですが
ぼくにはACOGUITERの持つ空気感と
ロックンロールミシンが持つ空気感が似ているように思われたのです。

興味を持った方は聴いてみてください。


banner_04.gif
応援していただけるとうれしいです。
クリックをお願いします。
posted by rojiuracafe at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽に関して | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック