歩くのに疲れたら、カフェに寄ろう。
カフェに入ったら、最初にコーヒーをたのもう。

あとは
音楽に耳を傾けて、
置いてある本をめくって、
そのあとは・・・

そのあとは、思いをめぐらそう。

きのうあったこと、
きょうおきたこと、
あした出会うかもしれないこと。

だいじなひとのこと。

何気なく思いついたことをこのブログに載せたいと思います。







instagram
glyph-logo_May2016.png
Twitter
twitter1_001.jpg

2006年10月16日

東芝dynabookEX/522CMEのハードディスク交換。意外と簡単でした。

先日、事務仕事用に使っていたノートPC、東芝dynabookEX/522CMEのHDDが逝ってしまいました。

ウインドウズの起動がおかしくなったため、サポートに電話してみてPCのチェックをしてみると
「その症状ではHDD故障と思われます、交換修理を承りますがサポート期間を過ぎているため(PC購入は2003年でした)、
交換HDD代金27000円を含めて合計45000円
(確定料金は修理に出して検証した後にでますが。。。)かかります」
とのこと。

デフォルトで40ギガバイトのHDDに27000円!
合計で45000円!!

「そんなお金は、な〜い」。
というわけで、自分でHDDの交換をすることにしました。

以前のHDDは

東芝MK4021GAS
40GB
4200rpm

今回購入のHDD

日立HTS541080G9AT00 (送料込みで11057円)
80GB
5400rpm

手順

IMG_5309.jpg

HDDの故障のためウインドウズが起動できず。

IMG_5310.jpg

これがPCの裏面

IMG_5311.jpg

IMG_5313.jpg

まづはバッテリパックをはずして、

IMG_5314.jpg

IMG_5315.jpg

真ん中のパネルをはずすとHDDがあります。
真横にずらしてソケットから端子をはずしてHDDの取り外し。

IMG_5316.jpg

ガイドフレームがあります。

IMG_5317.jpg

アルミの保護パックに入っているので抜き出します。

IMG_5319.jpg

故障したHDDと今回購入したHDD(ともに9.5mm厚です)

はずした手順とは逆に取り付けて



IMG_5321.jpg


IMG_5322.jpg

IMG_5324.jpg

リカバリディスクからシステムの再インストール。

IMG_5325.jpg

というわけで、ウインドウズXP、SP1の復活。
続けてSP2にバージョンアップ。

さらにウイルスバスターの再インストールをして
これからまた自分仕様に再構築です。


というわけで45000円が11057円で済みました。
その上容量は倍の80ギガバイトに、
回転数も毎分4200回転から5400回転へ
かなりな性能アップです。

手順は簡単でしたが、こまごまとした手間はかかりますね。


banner_04.gif
クリックしていただくとブログのランキングに反映されます。
お気に召しましたらお願いいたします。
posted by rojiuracafe at 00:33| Comment(8) | TrackBack(0) | デジモノ・ソフト | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 どうも、こんばんは。
ハードディスク交換されたんですね。
私はまだ、メモリの増設しかやったことありません。「静電気が」とよく取説には書かれていますが、そんなでもなさそうですよね。
一応、短大でPCのハードの勉強をしていたのですが、全くの役立たずで今は何するにも情報収集してます。内蔵HDDの交換法など今度お尋ねすることがあるかも知れません。
よろしくお願いします。
Posted by hunny at 2006年10月19日 00:08
hunnyさんコメントありがとうございます。

ノートPCの場合、HDDを交換しやすい機種と手間がかかる場所にHDDが内蔵されている機種があるようですね。

幸いぼくのPCは簡単に取り外せましたけれど。。。

それとHDDの接続規格と厚さもチェックポイントですね。
接続規格が何種類かあるので、デフォルトのHDDと同じ規格の製品を選ぶ必要があります。

ノートPCの場合、厚さは9.5mm厚と12.5mm厚の2種類あります。
新しいノートPCは大抵9.5mm厚です。

システム情報取得ソフトを使うと現在使用中のHDDの名前などがわかると思います。

あとブログでは省きましたが、システムを再インストールするにあたって増設メモリやマウスを含めた周辺機器をすべて取り外して購買当初の状態に戻してから作業を行いました。
Posted by 路地裏Cafe店主あるく人 at 2006年10月19日 07:23
HDD交換チェックポイント追加。

その他注意点。
OSやハードの制約により、古いPCではHD容量の認識に限界があります。

HDD認識の壁・参考サイト
http://www.h5.dion.ne.jp/~morry/HDD_case/limit.html

ノートPC、HDD交換・参考サイト
http://allabout.co.jp/computer/notepc/closeup/CU20031109/
Posted by 路地裏Cafe店主あるく人 at 2006年10月19日 07:48
はじめまして。

HDDの交換方法について検索して、ここにたどり着きました。
故障したHDDが40GBのもので、120GBのものに交換しようかと考えているのですが、どこのメーカーのものでも使うことができるのでしょうか?(初心者なものでよくわかりません…)

ちなみに「dynabook EX1/524CMH」という機種を使っており、故障したHDDは型番はMK4025GASです。
Posted by エヌ at 2008年07月28日 00:37
エヌさんはじめまして。
HDD故障お困りのことと思われます。

今回書きましたのはあくまでぼくが所有しているdynabookEX/522CMEについての記事ですので
同じメーカーPCでも機種でも型番が違うとどのHDDが良いか保証できかねます。

ちなみに価格COMのMK4025GASについての口コミ
http://bbs.kakaku.com/bbs/05361010130/
に参考になるものはありませんでしょうか?

正直言いまして、この交換の時も注文したHDDが使えるかどうか繋げるまで賭けだったのです。

IDE接続のHDDは相性問題が少ないとも言われていますがデザイン上出っ張りがあってはまらない等の問題もたまにあるようです。

もう少し調べられてはいかがですか。

お役に立てず申し訳ありません。
Posted by 路地裏Cafe店主あるく人 at 2008年07月28日 07:24
やはり型番などの違いで、対応したりしなかったりという問題があるのですね。
価格COM、参考にさせていただきます。

丁寧なお返事、ありがとうございました。
Posted by エヌ at 2008年07月29日 00:41
こんにちは。
最近同型機を貰ったのですが、
HDDから時折爆音が出て困ってましたw
こちらの記事を参考にさせて頂き、
無事交換する事が出来ました。
ありがとうございました。
Posted by hide at 2008年12月05日 16:38
hideさんお役に立てたようで嬉しいです。

最近の機種はHDD交換の情報を見かけるものも多いのですが古い機種だとたいへんですね。

わざわざコメントいただきありがとうございます。
Posted by 路地裏Cafe店主あるく人 at 2008年12月05日 16:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック