歩くのに疲れたら、カフェに寄ろう。
カフェに入ったら、最初にコーヒーをたのもう。

あとは
音楽に耳を傾けて、
置いてある本をめくって、
そのあとは・・・

そのあとは、思いをめぐらそう。

きのうあったこと、
きょうおきたこと、
あした出会うかもしれないこと。

だいじなひとのこと。

何気なく思いついたことをこのブログに載せたいと思います。







instagram
glyph-logo_May2016.png
Twitter
twitter1_001.jpg

2011年06月30日

映画「パラダイス・キス」ストーリーテリングが素晴らしい。無理なく話しを完結させています。

公開中の「パラダイス・キス」を観て来ました

原作は矢沢あいの人気コミック。

コミックの映画化というと抄訳的にエピソードをつなぎ合わせてまとめる作品も多いのですが

この映画は115分という比較的長尺にまとめられ無理なく主人公の歩む時間を描いています。

監督は『ただ、君を愛してる』の新城毅彦監督

急かすことなく主人公の心の動きを丁寧に追ってゆきます。
自分の歩む道を見つけ成長する主人公の心の揺れは後半見事なクライマックスを迎えることに。

間接的にですが、ぼくに「ある気づきと覚悟」を覚えさせてくれた映画です。

決して忘れることはないでしょう。

ロケ地に馴染み深い場所が多数登場した点も印象的な作品でした。

IddMG_0975.jpg
映画館への道すがら。渋谷ヒカリエの工事現場脇。望めばこんな青空だって見ることが出来る。


posted by rojiuracafe at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画に関して | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。