歩くのに疲れたら、カフェに寄ろう。
カフェに入ったら、最初にコーヒーをたのもう。

あとは
音楽に耳を傾けて、
置いてある本をめくって、
そのあとは・・・

そのあとは、思いをめぐらそう。

きのうあったこと、
きょうおきたこと、
あした出会うかもしれないこと。

だいじなひとのこと。

何気なく思いついたことをこのブログに載せたいと思います。







instagram
glyph-logo_May2016.png
Twitter
twitter1_001.jpg

2006年06月03日

遊佐未森パーシモンホールライブ!

今夜は目黒区パーシモンホール遊佐未森さんのライブを見てきました。

パーシモンホール、ちょうど柿の木坂あたり、というわけで
アルバム「エコー」収録の「ミント」も歌われました。

この曲は遊佐未森さんがデビュー当時、
柿の木坂に住んでいた頃の思いを綴った曲です。

というわけで感慨深いものがあったのか?
最新アルバムの「休暇小屋」の中の曲と同じくらい
懐かしい曲をたくさん歌ってくれました。

個人的にいちばん好きなアルバム「HOPE]収録の「夢を見た」や
アルバム「ハルモニオデオン」収録の「山行きバス
マイナーなところでは「水色」収録の「Island of Hope and Tears」あたりが
嬉しかったです。

最新アルバム「休暇小屋」はわりあいと静かなアルバムなので、
ライブスタート時は観客も座って聴いていましたが
夢を見た」あたりから盛り上がる曲が続いて
さすがツボを押さえた曲順だなぁと感動を覚えながら聴いていました。

振り返ると、アレンジは変えていましたが
懐かしい曲も古さを感じさせない名曲ぞろいだなと
遊佐未森さんのクオリティの高さに感激ひとしおでした。


蛇足ですが、このライブ定刻どおりに始まりました!
そんなライブ初めてでした。



banner_04.gif
クリックしていただくとブログのランキングに反映されます。
お気に召しましたらお願いいたします。
posted by rojiuracafe at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック