歩くのに疲れたら、カフェに寄ろう。
カフェに入ったら、最初にコーヒーをたのもう。

あとは
音楽に耳を傾けて、
置いてある本をめくって、
そのあとは・・・

そのあとは、思いをめぐらそう。

きのうあったこと、
きょうおきたこと、
あした出会うかもしれないこと。

だいじなひとのこと。

何気なく思いついたことをこのブログに載せたいと思います。







instagram
glyph-logo_May2016.png
Twitter
twitter1_001.jpg

2009年10月28日

鎌倉にて フィルムを感光させてしまうと。。。

鎌倉にも持っていったトイカメラ
Vivitar Ultra Wide&Slim
の写真

00uws0007 (3).jpg


00uws0007 (4).jpg

00uws0007 (5).jpg


00uws0007 (6).jpg


00uws0007 (7).jpg

00uws0007 (8).jpg

00uws0007 (9).jpg

00uws0007 (13).jpg

00uws0007 (16).jpg

00uws0007 (18).jpg

00uws0007 (22).jpg


00uws0007 (23).jpg

シンプルに造られているこのカメラで唯一の欠点が巻き上げノブの部分。
壊れやすいし、今回のぼくの場合はめ込みがゆるんで巻き上げきらずに空回りしてしまいました。

そのためフィルムがあるのに裏蓋を開けてしまい見事に感光。。

こんな写真になってしまうのですね。

00uws0007 (10).jpg

00uws0007 (11).jpg

今時のなんでもあり写真としてはアリなんですけれど。。。
posted by rojiuracafe at 18:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 写真 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昔そういう失敗したなぁと懐かしく思いました。

かなり広角に広々と写るカメラなんですね。
Posted by ヤス at 2009年10月29日 06:41
ヤスさん。おはようございます。

そうそう初歩的なんですが気づきませんでした。
やはりトイカメラですからね、つくりはいかんともしがたいです。

このカメラはそんな欠点を補ってあまりある
広角一本勝負でコンパクト・軽量が売りなんです。

要は使い方次第ということですね。
Posted by 路地裏Cafe店主あるく人 at 2009年10月29日 09:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック