歩くのに疲れたら、カフェに寄ろう。
カフェに入ったら、最初にコーヒーをたのもう。

あとは
音楽に耳を傾けて、
置いてある本をめくって、
そのあとは・・・

そのあとは、思いをめぐらそう。

きのうあったこと、
きょうおきたこと、
あした出会うかもしれないこと。

だいじなひとのこと。

何気なく思いついたことをこのブログに載せたいと思います。







instagram
glyph-logo_May2016.png
Twitter
twitter1_001.jpg
この記事へのコメント
あるく人様
 ご無沙汰してます。誰がどう撮っても同じになりそうなビル街の風景も、
レンズでここまで表情が変わるんですね。魚眼レンズとかってあるのは知ってたけど…。
以前動物の鼻アップ写真も流行りましたね(魚眼レンズを使用してたらしいです?)。

私は安いデジカメを普通に利用してますが、結構楽しんでます。
微妙なトコ物足りないとか、時々あるんですが…それなりに少しずつ
スキルやテクを身につけたいと思います。
Posted by Rooly at 2009年10月19日 08:49
Rooly様
そうですね、確かにレンズ画角によって写真の印象は変わってきます。
というか撮りたい写真のイメージに合わせてレンズを交換するという方法論のほうが正統派なのかもしれません。

もちろん写真に良い・悪いは無いわけで撮る人それぞれの「一枚」になるわけですけれど。

このカメラは画角で言うと22mm
でも22mmの画角でしか撮ることができないとも言えます。

こうした場合画角に合わせてアングルや被写体を選ばなくてはなりません。。

これまたむつかしい。けれども面白い。

カメラも安い機種で充分。
自分のお気に入りになれば自然と写真枚数も増えて技術も上達します。

ぼくもサブで持ち歩いているコンデジは5年前の機種です(Canon IXYDIGITAL40)
もちろんお気に入りだからです。

微妙な物足りなさは創意工夫で取り返せます。

Happy CameraLife!!



Posted by 路地裏Cafe店主あるく人 at 2009年10月19日 23:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック