歩くのに疲れたら、カフェに寄ろう。
カフェに入ったら、最初にコーヒーをたのもう。

あとは
音楽に耳を傾けて、
置いてある本をめくって、
そのあとは・・・

そのあとは、思いをめぐらそう。

きのうあったこと、
きょうおきたこと、
あした出会うかもしれないこと。

だいじなひとのこと。

何気なく思いついたことをこのブログに載せたいと思います。







instagram
glyph-logo_May2016.png
Twitter
twitter1_001.jpg

2009年07月02日

毎年恒例はとバス日帰り旅行 はとバスは60周年でした。梅雨の晴れ間の小旅行

毎年恒例、はとバス日帰り旅行行って来ました。
はとバスは今年60周年でした、記念のラッピングバスでの旅行となりました。

IMhatioG_0986.jpg

IMhatioG_0986 (1).jpg

2台運行でしたので色違いの記念バス。今回だけの貴重な体験でした。

日常が続く中での日帰り旅行。
行き先は限られてしまいまして、今年も山梨方面。
バスガイドさんも「山があっても山梨県」お約束です。

それでもプランごとに趣向を凝らして企画が立てられているので楽しみはいろいろあります。

なにより梅雨の晴れ間に恵まれたことが一番の当たり!でした。

_IGP2078.jpg
往きの談合坂PA このころはまだ雲が多かったのですが安定したお天気。

_IGP2079.jpg

_IGP2081.jpg

おっきな雲に隠れているのは富士山

まづは富士山を望む花の都公園

_IGP2080.jpg

お花畑が広がっています。

_IGP2084.jpg

_IGP2083.jpg
水面には蓮の花が咲いていました。

_IGP2088.jpg

_IGP2094.jpg

_IGP2096.jpg

_IGP2097.jpg

_IGP2098.jpg

_IGP2107.jpg

_IGP2108.jpg

_IGP2113.jpg

いろいろな花を見ることができたし、こうした「観光地」な施設に行けるのもはとバス旅行の醍醐味。絶妙なローカル感です。

_IGP2114.jpg
昼食後は富士山の絵画を収集しているフジヤマミュージアムへ。

富士急ハイランドの関連施設なのですがなかなかな穴場美術館。
富士山を題材にして様々な印象の作品が展示されていました。

_IGP2124.jpg

_IGP2125.jpg

作品を観て一休み。水面に写る空に魅せられて。

自然と芸術を鑑賞したあと富士五湖周辺から移動して甲府盆地へ

こうしてみるとホントに盆地になっているなぁと実感できます。

_IGP2129_7_8.jpg

目の前にあるのはさくらんぼのビニールハウス。

さくらんぼ、食べ放題です!

IMhatioG_0986 (2).jpg

IMhatioG_0986 (3).jpg

IMhatioG_0986 (4).jpg

IMhatioG_0986 (5).jpg

IMhatioG_0986 (6).jpg

たくさんのさくらんぼ!

木によって味も大きさも違います。
季節の終わりだったのですが甘い果実もまだまだありました。

この日は道路事情も良好!

帰途もスムース。
お土産を買うときも混みあっておらずに速攻ゲット!

順調で快適な旅行でした。


posted by rojiuracafe at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。