歩くのに疲れたら、カフェに寄ろう。
カフェに入ったら、最初にコーヒーをたのもう。

あとは
音楽に耳を傾けて、
置いてある本をめくって、
そのあとは・・・

そのあとは、思いをめぐらそう。

きのうあったこと、
きょうおきたこと、
あした出会うかもしれないこと。

だいじなひとのこと。

何気なく思いついたことをこのブログに載せたいと思います。







instagram
glyph-logo_May2016.png
Twitter
twitter1_001.jpg

2009年04月21日

金氏徹平「溶け出す都市、空白の森」@横浜美術館 見てみないことには始まらない。刺激的な展示でした。単なるモノとアートの間には。。。

横浜美術館にて5月27日(水曜)まで開催の
金氏徹平溶け出す都市、空白の森」展を観てきました。

予備知識なし、ただ最近の横浜美術館にしては珍しい現代アートの展示。フライヤーのデザインも作家のポートレートを鈴木理策さんが撮影していて気になっていた展示でした。

いやぁ、百聞は一見にしかず。とても刺激的な展示でした。

平面の作品からメインの立体・空間作品。映像作品、写真を使用した作品などどれもが"誰でもない金氏徹平"の刻印を押した独創性あふれる創造物でした。

案内に”見たことがあるようでいて、何だかわからないものをつくりたい”といった意味合いのコトバが記されていて「なるほどそのとおりだなぁ。」と納得させられる展示でした。

素材自体はありふれて身の回りにあるもの。

それがコラージュされることで空間に変調をおこし空気を変えています。

いまでも鑑賞していたときのワクワク感が残っています。

未見の方には是非にお薦め!

一見の価値ありの大満足な展示でした。

pIMG_0768.jpg

pIMG_0768 (1).jpg

pIMG_0768 (2).jpg

posted by rojiuracafe at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会情報 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック