歩くのに疲れたら、カフェに寄ろう。
カフェに入ったら、最初にコーヒーをたのもう。

あとは
音楽に耳を傾けて、
置いてある本をめくって、
そのあとは・・・

そのあとは、思いをめぐらそう。

きのうあったこと、
きょうおきたこと、
あした出会うかもしれないこと。

だいじなひとのこと。

何気なく思いついたことをこのブログに載せたいと思います。







instagram
glyph-logo_May2016.png
Twitter
twitter1_001.jpg

2008年08月22日

ドリームワークスアニメーション製作 映画「カンフーパンダ」なるほどなるほどジャッキーチェンな快作 「龍の巻物」に書かれていた無限の力の秘密とは。。。

ドリームワークスアニメーション製作の映画
カンフーパンダ

Wikipediaの記載によれば日本のアニメーションの影響が大きいとされている。

観てみると確かに作品世界にすんなりと入りこめてしまうのは
慣れ親しんだ世界だからなのか。
と思うと同時にカンフーアクションに関しては
香港時代のジャッキーチェン作品を彷彿とさせるものでした。

細かい動きをパズルのように組み合わせて連続したアクションシーンを組み立ててゆく。
観ている側はまるでジェットコースターに乗っているような躍動感を味わうことができます。

思い返してみるとジャッキーチェン作品が日本のエンターテインメントに与えた影響も大きいものでした。

そんな源流を持つカンフーパンダ。
娯楽度はかなり高い作品になっています。

途中でわかる”無限の力の秘密”が書かれていると言われている龍の巻物の内容。
これも実に東洋的。

娯楽作品として凝縮された内容はシンプルだけど
各国の思想のスパイスで仕上げられた意味合いは深いのではと
これまた深読みしてしまう作品でした。
ハリウッドの地力の強さかなぁ。

IMG_9670.jpg

写真の撮影はCANON IXY DIGITAL40
posted by rojiuracafe at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画に関して | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック