歩くのに疲れたら、カフェに寄ろう。
カフェに入ったら、最初にコーヒーをたのもう。

あとは
音楽に耳を傾けて、
置いてある本をめくって、
そのあとは・・・

そのあとは、思いをめぐらそう。

きのうあったこと、
きょうおきたこと、
あした出会うかもしれないこと。

だいじなひとのこと。

何気なく思いついたことをこのブログに載せたいと思います。







twitter.com/rojiuracafe

follow rojiuracafe at http://twitter.com

2012年07月24日

2012エテマルシェ ライブ先行情報!酒井俊さんライブ♫

毎年恒例となったエテマルシェ

今年は8月25日(土曜)開催です

夏の昨夜を心地よい音楽と美味しい料理と共に。

今回のライブについて先行情報をお知らせします。

今回も多くの出演者をむかえるステージ。その中から
酒井俊さんを紹介いたします。

1976年、伝説のJAZZ CLUB「ミスティー」でジャズ・ヴォーカリストとしてデビューしセンセーショナルな反響を呼ぶ。
翌年「SHUN」でレコードデビュー、続けて計3枚のアルバムをリリース。その間、手元にあるなしを含めた多くの
レコーディングに参加する。が、活動期間約2年半後、渡米する。2年間のマンハッタンでの生活の後帰国、結婚・出産・子育てに没頭。
Enjoyするも、子供が小学校に入る頃、「愛燦燦」と「買物ブギ」の2曲の日本語の歌をレパートリーに入れて渋谷毅と再会、復帰する。
今でこそ日本語の歌をライブハウスで歌うのは日常化しているが、当時は大変な困難を伴った。
が、様々な国の様々な歌いたい唄を歌い続け、阪神大震災の後に生まれた「満月の夕」と運命的な出会いを果たす。

「満月の夕」を歌うにあたっての賛否両論の中、何年にも渡って毎夜歌い続ける。
2003年には「第45回日本レコード大賞企画賞」を受賞し、数回に渡るNHKテレビへの出演や連続ドラマへの挿入歌の提供もする。
2004年辺りからそれまでの活動を見直し、新たな音とうたの可能性を模索している。従来の音・うたのあり方から大幅に変化すべく、
即興演奏・民族音楽の影響・古いトラディショナルへの傾倒を反映しつつ、セッションではない継続を、演奏家たちと終わりのない
共同作業へと時間は経緯している。そんな中8年振りの新作「Night At The Circus vol,1」を09年に、10年には
「PLAYS STANDARD vol,1」「a few little things」のNEWCD2枚を、絵本作家荒井良二氏のイラストと供に同時発売するに至る。

プロフィールはHPより引用
http://www.sol.dti.ne.jp/~s-shun/index/top.html


出演は19時ころ。チェロの坂本弘道さんをバックに歌われます。

イベントの詳細は追って告知いたします。
タグ:酒井俊
posted by あるく人 at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ。イベント情報! | 更新情報をチェックする